晩秋の秘境、奥只見湖、紅葉真っ只の中、トンネルが全部で19ヵ所全長22m奥只見湖ダムの工事道路として開通した「奥シルーバーライン」を通りブナ林と2000m級の山々に囲まれた新潟屈指の紅葉スポット「奥只見湖遊覧」船名「ファンタジア外輪船」定員300名の巨体に40分乗船。黒部ダムの3倍の水量平が岳、中の岳は既に落葉が始まっている等船内放送を聞きながらブナ、カエデ等色合いを楽しみながら遊覧を終えました。




白い巨体の遊覧船が進んできました。3階建の外輪船です


18世紀のアメリカミシシッピ川の貨客船をモチーフにしている(パンフレットに記載。)他にもおぜ号、しおり丸が用意されているとの事です。


おぜ号」と出会う。船体に描かれたミズバショウ、ニッコウキスゲは尾瀬口へ


湖上の光景





黒部ダムの3倍の水量を誇ります


外輪船の外輪
                       


ダムの上から只見川を見下ろした様子


スロープカーは只見湖と駐車場を往復