貴船の川床料理
    

 

不快指数うなぎのぼりの暑さの中、貴船の川床料理、川の中に床机をしつらへ軽い水しぶきやせせらぎを聞き川床に迫る山の青葉を眺め料理を楽しむ京都の風物詩のひとつといわれる貴船の川床料理を楽しんだ。

「京都の避暑地といわれ気温は市内より10度近く低いです」との説明。食事中に裏山からトンボが舞い込み滝の音も涼しげだ。天保年間創業といわれる老舗の料理は近在の野菜と川魚(うなぎ、鯉、あまご、鮎)。
 
料金の割高感はぬぐいきれないが一番のご馳走は、澄んだ空気と清らかな流れ、雰囲気かなー。京都の奥座敷は田舎の又田舎。伝統と清閑の里。


川床の床机
背景の山の木々川の流れ涼を楽しみ京の粋を感じる
老舗のふじや
貴船一番の老舗客は予約のみ
ふじやの別邸
風流を感じる店構え
貴船神社門前
町中は人気の程を感じる人車
名物鮎の塩焼き 流れ落ちる滝の音
器もさることながら焼き石に鮎をもりつける心配り 足元の川の流れに眼前の滝が心地よい水しぶき