湯立神事



 午前11時から始まる「湯立て神事」の境内には神事に使用する熊笹や、それを浸す大釜にはすでに湯が煮えたぎり「湯立神事」の雰囲気が境内に伝わり、焚火で暖をとる人、甘酒のふるまい等、参拝者で賑わいの中、報道関係者も見受けられる。神社縁起を示す立て札によると頭上にふりかけられた湯玉を浴びると一年間無病息災家内安全で過ごせる・・・・・云々。



神社縁起

甘酒の振る舞い

湯立て神事用の笹を浸す煮えたぎる大釜


宮司熊笹のお祓い
神職、氏子総代祈願とお祓い 本殿のとびら開く
 一連の「湯立神事」の運び。神職、巫女のお祓い後、お供え物を本殿に、祭場に据えられた大釜に熊笹を漬け湯玉を参拝者の頭上に振りかざす。(今日のハイライト)