愛知県篠島から伊勢神宮に奉納する御幣鯛(おんべだい)を積み「太一御用」の旗と大漁旗を揚げた船団が神社港に10月12日入港しました。10月の神嘗祭、6、12月,月次祭に篠島から干し鯛が神饌としてお供えされるこの干し鯛の事を御幣鯛と呼ぶそうです。数年前に鳥羽から伊良子回りで篠島散策の折り地元の古老より耳にしたことは「島の上質の鯛を倭姫命が大変お気にいられたことが起源とされています。鳥羽国崎町の熨斗鮑を神宮奉納と同じような意味合いの行事です」地元民の説明を新たに思い起こしました。平成10年70年ぶりに昔ながらの形が復活し今回19回目を数えると会場にアナウンスの声が流れました。御幣鯛船に見入る中、神社の子供木遣りと鼓笛隊に迎えられ桟橋に鯛の陸揚げがされ式典後神宮司庁の車に積み込まれ青年木遣りが見送る中静かに車は神宮へと進みました。