興玉神社藻刈神事

 無垢塩草【不浄祓守】でお祓いをしていただく興玉神社藻刈神事神事が5月21日、輿玉神社本殿で祭典を行った後、夫婦岩約700メートル沖合いの海上、輿玉神石より採取されました。沖合いの写真撮影はは不可能でしたが望遠鏡で見ることが出来ました。社務所のお話では「神職、巫女が神石の周囲を三周し、二拝二拍一拝、御神酒神饌を海中に捧げ海上神事の後、手鎌で藻を刈り取る」とのことでした。船は神職、氏子と役員、報道関係二隻、計四隻静かな波間の行事でした。

藻刈神事後の帰船

祭典本殿
藻刈神事祭典会場の本殿
神事を終わり本殿へ
神事を終えて海上へ移動

氏子と役員船
氏子総代と役員船

藻桶を神前へ
報道船
報道関係者
本殿への行列
沖合いでの藻刈神事を終えこれより藻桶を本殿へ